無料ブログはココログ

« オレゴン州ポートランドの7月4日って、こんな風景だよ | トップページ | 西の善き魔女、アーシュラ・クローバー・ル=グウィン女史 »

2012年7月13日 (金)

ポートランド周辺が舞台の映画、『永遠の僕たち』を観て!

オレゴン州ポートランドとその周辺で撮影された『永遠の僕たち』は、少し奇妙な青春映画です。

でも、そこに溢れる詩情世界は、いかにもポートランドらしく、ポートランド好き、オレゴン好きには、街や都市、その土地の風土から醸し出される特有の叙情性が、あ~わかるなあ、オレゴンだよなあ~と、しみじみと深く心に刻まれるのでした。ガス・ヴァン・サント監督の繊細で詩情溢れる世界感が見事に描かれたいい映画です。

物語は、他人の葬式に出ずにはいられない、死神に魅入られてしまった青年イーノック(ヘンリー・ホッパー)と、不治の病に冒され余命いくばくもない少女、アナベル(ミア・ワシコウスカ)の恋物語。

イーノック役のヘンリー・ホッパーは、デニス・ホッパーの忘れ形見。なかなかの男前です。アナベル役のミア・ワシコウスカは、アリス・イン・ワンダーランドやジェイン・エアで注目される新進女優。けっして美人ではないのですが、なんともいえず人を惹き付ける魅力に溢れた女性です。「死」にとりつかれたイーノックの唯一の友だちが、ヒロシです。加瀬亮演じる特攻隊員。映画では流ちょうな英語を披露していました。

ヒロシの存在はイーノックにしか見えません。社会から孤立し、生きることを放棄してしまったイーノックですが、アナベルに出会ってことで、少しずつ希望や社会とのコンタクトを取り戻していきます。しかし、皮肉にもアナベルの身体は徐々に病に冒され、イーノックにとって唯一の希望の光も、その存在をまもなく消そうとしているのです。人生とは、思うようには進まないものです。実に、はかない…。

青春期特有の恋人同士の繊細な心模様を、ポートランドの町中や森の風景とともに、たっぷりとご鑑賞ください。青春って甘酸っぱかったよなあって、なんて、思い出しながらね。

『永遠の僕たち』
監督:ガス・ヴァン・サント
製作年:2011年
日本公開:2011年12月23日
キャスト:ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカヤ、加瀬亮

« オレゴン州ポートランドの7月4日って、こんな風景だよ | トップページ | 西の善き魔女、アーシュラ・クローバー・ル=グウィン女史 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582946/55171719

この記事へのトラックバック一覧です: ポートランド周辺が舞台の映画、『永遠の僕たち』を観て! :

» 加瀬亮 最新情報 - Nowpie (なうぴー) 俳優・女優 [Nowpie (なうぴー) 俳優・女優]
加瀬亮 の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

« オレゴン州ポートランドの7月4日って、こんな風景だよ | トップページ | 西の善き魔女、アーシュラ・クローバー・ル=グウィン女史 »