無料ブログはココログ

« ポートランド周辺が舞台の映画、『永遠の僕たち』を観て! | トップページ | バーモント州で買ってきた種のその後 »

2012年7月14日 (土)

西の善き魔女、アーシュラ・クローバー・ル=グウィン女史

ポートランドでぜひお目にかかりたい人は? と、聞かれたら、迷わずアーシュラ・クローバー・ル=グウィンUrsula Kroeber Le Guinの名前を挙げるに違いありません。
それほど、昔から憧れ続けている作家のひとりです。

1929年10月21日生まれの82歳。彼女は今なお、オレゴン州のポートランドで元気に暮らしています。
名前の綴りからフランス人かと勘違いする人がいるかもしれませんが、カリフォルニア州バークレー生まれのアメリカ人です。

005_convert_20120713144456

その代表作は、いうまでもなく『ゲド戦記』であり、『天のろくろ』であり、『闇の左手』、『所有せざる人々』など、ヒューゴー賞やネビュラ賞などを受賞した名作ぞろいです。

彼女のウエブサイト、www.ursulakleguin.com
をのぞくと、82歳の今もかくしゃくとしたその姿を見ることができます。眼力にあふれ、磨き込まれたその知性が風貌に宿るかのような、美しき老作家の姿に魅力を感じる人も多いはずです。素晴らしき文字の達人は、風情もまた美しき人なのでした。

ウエブサイトには住所なども記されていて、ファンレターなども送れるようになっています。でも、茶目っ気たっぷりの彼女は、「私にはセクレタリーなんかいないから、手紙のひとつひとつに全部自分で目を通さなくっちゃならないのね、だから時間がかかるのよ。申し訳ないけど、お返事は期待しないでね」なんて書かれていて、わらっちゃいます。

すでにご存じの方も多いとは思いますが、彼女の知性と才気は両親から受け継ぎ、努力とセンスで磨き上げられたものでしょう。

父親は高名な人類学者、アルフレッド・L・クローバー氏。カリフォルニア大学バークレー校にアメリカで二番目の人類学科を創設した人類学者でした。母親は、物言わぬ夫に代わり、夫が関わった北米先住民ヤナ族最後の生き残りのひとりを、本に書き、言葉で世間に広めた作家です。シオドーラ・クラコー・ブラウン女史が書き上げた物語は『イシ ふたつの世界に生きたインディアンの物語』という児童書で読むことができます。岩波現代新書から大人版の『イシ』も出版されていますが、私は、まず児童書で読みました。

そこに描かれている世界は、ル=グウィン女史の物語世界に多大な影響を与えました。ちなみに、アーシュラ・クローバー・ル=グウィン女史は、コロンビア大学で博士号をとった後、フランスに渡り、1953年に歴史学の教授だったチャールズ・A・ル=グウィン氏と結婚。3人のお子さんに恵まれました。1958年からオレゴン州ポートランドに住んでいます。

●ゲド戦記 Ⅰ 影との戦い

ル=グウィン作 清水真砂子訳 岩波書店

« ポートランド周辺が舞台の映画、『永遠の僕たち』を観て! | トップページ | バーモント州で買ってきた種のその後 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582946/55185816

この記事へのトラックバック一覧です: 西の善き魔女、アーシュラ・クローバー・ル=グウィン女史:

« ポートランド周辺が舞台の映画、『永遠の僕たち』を観て! | トップページ | バーモント州で買ってきた種のその後 »