無料ブログはココログ

« 北山公園そばの茶カフェ「かわせみ」で憩う | トップページ | 東京・多摩川 トマトフェスタでおいしいシェイクに感動 その② »

2012年8月13日 (月)

東京・多摩川駅のトマトフェスタに行ってきたよ。その①

Tomatofesta1_convert_20120813194823

昨日、8月12日の日曜日、渋谷から東横線に乗って多摩川駅へ。

駅に着いた途端、ものすごいに雨が降ってきてびっくりしちゃいましたが、改札を出ると、このフェスタのことを教えてくれた高橋さんがビラ配りをしていました。

「高橋さん、お久しぶり」。「いらっしゃ~い、すごい雨だねえ」。

園芸療法士を目指して勉強中の高橋さん。

園芸療法の活動をするなかで、トマトフェスタのお仲間と出会い、活動に参加するようになったんだって。

どんなフェスタなのかなあと思ったら、けっこうまじめなフェスタでした。

駅のコンコースには、見たこともない色とりどりのトマトが並んでお出迎え。

へえー、トマトってこんなに種類があったんだね~。

Tomatofesta2_convert_20120813195006

▲トマトフェスタを立ち上げた山代勁二さん

今年で8回目のトマトフェスタ。この会を立ち上げたのは、東京・田園調布で25年以上、農業コンサルタントとして活動してきた山代勁二(けいじ)さん。

効率や経済優先の最近の農業に疑問を感じていた山代さんは、昔ながらのトマトの復活を目指して、全国20カ所の農家さんに、約70種類ものトマトの種を配ることから始めたんだそうです。

Tomatofesta3_convert_20120813195159

▲左上のトマト、すごい形だけど、この形を作るのって難しいんだって

そういえば、最近のトマトって、甘くてブヨブヨした桃太郎しか知らないなあ。

Tomatofesta4_convert_20120813195344

昔のトマトは、もっと無骨で堅さもあって、味に深みもあったよね。

Tomatofesta5_convert_20120813195520

▲黒い筋が入ったブラックプリンス

その活動がようやく実を結び、全国の農家さんから山代さんの元へ、実ったトマトが続々と送られてくるようになったんだって。

それがフェスタを開催するきっかけになったそうです。

「でもね、それらのトマトがもっと売れて、お金を稼げるようになるといいんですけどね」。

山代さんの願いは、種から芽を出して実ったトマトで、農家さんが豊かになることでもありました。

でも、地道に情熱をもって、ひとつの会を何年も続けて成功させていくことが、どんなに大変でエネルギーのいることか想像できちゃうから、それだけですごいと思います。

そんなことを奥様にお話したら、皆さんの協力のおかげと出会いがあるからこそ、続けられてるんですよ~って、明るくおっしゃっていました。

そうですね、出会いがあるって素敵ですよね。

Tomatofesta6_convert_20120813195716

トマト好きの私は、売店で売られていたトマトベリーとブラックチェリーっていうミニトマトを買って帰りました。

Tomatofesta7_convert_20120813195855

▲雪の下で3ヶ月も眠らせたにんじんジュース、とっても美味しかった

お家で食べたら、とってもおいしかったです。心なしか、トマトパワーで口内炎が治ってきた感じ。

Tomatofesta8_convert_20120813200038

▲真ん中の赤いトマトがトマトベリー。味が濃くて甘みもあって美味しかったよ

また食べたいなあ、トマトベリー。

« 北山公園そばの茶カフェ「かわせみ」で憩う | トップページ | 東京・多摩川 トマトフェスタでおいしいシェイクに感動 その② »

東京・散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582946/55415008

この記事へのトラックバック一覧です: 東京・多摩川駅のトマトフェスタに行ってきたよ。その①:

« 北山公園そばの茶カフェ「かわせみ」で憩う | トップページ | 東京・多摩川 トマトフェスタでおいしいシェイクに感動 その② »