無料ブログはココログ

« オリンパスXZ-1でアートな写真修行(2) | トップページ | 清涼な気配を求める散歩術 »

2013年1月17日 (木)

オリンパスXZ-1でトイフォト

本日の狭山丘陵地方、相変わらず寒いです。

屋根から爆音をたてて残雪が流れ落ちていきます。その落ちた雪が、軒下にうずたかくつもり、凍り付いてなかなか溶けそうもない気配。

今夜にも再び雪という予想もあり、寒さはまだ当分続きそうですね。

さて、お散歩デジカメ修行の続きですが、多摩湖の堤防の下には、東大和市の住宅街が広がっています。

堤防から下の町をトイフォトで撮ってみました。

P1121268_convert_20130117153950

リアルな町並みがジオラマのように変貌し、非現実的な空間ができあがりました。

P1121276_convert_20130117154214

でも、私たちは忘れてはいけません。

本日、1月17日は阪神淡路大震災が起きた日です。

あの日、早朝6時前、私は自分の身体がぐらんぐらん揺れる夢を見て、飛び起きました。

関東地方はそれほど大揺れだったわけではないのですが、不思議な夢でした。

その夢は、夢ではなく現実だったのですから。

そして2011年3月11日。東北・関東地方を襲った東日本大震災。

私が修行で撮ったジオラマ写真は、漫画チックな非現実的空間を作り出しましたが、被写体は、現実そのものであり、そこには人や動物の数だけ、かけがえのない人生があるということを忘れてはなりません。

P1121269_convert_20130117154054

なにものにもかえられない、かけがけえのない暮らし。

私たちは、そうした無数の命に囲まれ、それぞれの命と手を結びながら、現実を生きています。

« オリンパスXZ-1でアートな写真修行(2) | トップページ | 清涼な気配を求める散歩術 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

早速ブログ拝見させて頂きました。

京都出身の私ですが、当時中学生でしたが、
とても、恐ろしい体験でした。

そして、東北での大震災、福島での原発問題。
全てが現実であり、自分の生きていることの価値を
改めて勉強しました。

その価値のある命、無駄にしないように一生懸命生き抜くこと、
そして、自分が社会に出来ること模索していければと思います。

また、ブログ拝見させて頂きます!

M.Yoshi

Yoshi-san, ご覧いただきありがとうございます。
18年前、起きてすぐテレビから流れてくる神戸の惨状に、ただただ食い入るしかなかった私でした。美しかったであろう町並みが火の海に変わっていく現実、そして3.11では、津波でのみこまれていく町並み。現実は厳しいですが、だからこそ、今を大切に丁寧に生きたいと、最近よく思うのです。
これからもときどきのぞきにきてくださいね。Kazeyama

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582946/56560961

この記事へのトラックバック一覧です: オリンパスXZ-1でトイフォト:

« オリンパスXZ-1でアートな写真修行(2) | トップページ | 清涼な気配を求める散歩術 »