無料ブログはココログ

« 赤プリの解体すすむ | トップページ | 陶芸家・横溝多恵子さんの器でランチ »

2013年2月10日 (日)

暖かな日差しのなか、多摩湖堤防から狭山公園へ

連休なかびの今日は、朝からとてもいいお天気の狭山丘陵地方です。

朝から、早く歩きたくてうずうずしてました。いろいろなお仕事を済ませてから、さあ出発。

あれえ、今日の西武遊園地は、いつもと違って小さな子供を連れた親子連れでいっぱいだなあ。子供たちはうれしくって走り回ってるし、お父さんたちもなんだか楽しそう。いいな、親子で行く遊園地。

P2101634_convert_20130210160716

入場券売り場も心なしか、いつもよりヒトが多いみたい。

P2101635_convert_20130210160849

子供に人気のパンダ君乗り場の所にも、元気な僕ちゃんたちが次から次へとやってくるよ。

P2101645_convert_20130210161011

写真が小さいから見えるかなあ、貯水池林の向こうに富士山の姿も。もちろん、雪をかぶってまだ真っ白。

P2101648_convert_20130210161140

富士山を真正面にみるこのベンチは、特等席。まったりとくつろぐシニア・カップルたちが、朝のお茶を楽しんでいた。外で飲むお茶はおいしいよね。

P2101651_convert_20130210161308

多摩湖の堤防も、散歩するヒトたちやサイクリストでにぎわってます。貯水池の景色を楽しんだり、東大和方面を眺めて、「今日はスカイツリー見える?」なんて言いながら、ゆったりとした時間を過ごしています。そんな時間が、とても大事なんだよね。

P2101659_convert_20130210161435

西を見れば、貯水池林の中にUFOみたいな西武ドーム。この風景が大好き。

P2101660_convert_20130210161610

堤防の南側には、美しい取水塔が。風は強くないけど、少しだけ湖面が揺れてます。だから、リフレクションがぼやーっとしてる。

P2101666_convert_20130210161734

堤防の上で聞き耳をたてていると、さまざまな声が聞こえてきて楽しいよ。今日は、ジージと僕ちゃんの会話に聞き耳。僕とジージの想いがどうもイマイチかみ合わないみたい。『僕が止まりたいのに、ジージは「行こう、行こう」って言うんだよ』。

P2101668_convert_20130210161859

しばらく堤防の上に立っていたら、取水塔の影がきれいになってきた。でも、あっという間に風が……。影がゆらゆらゆれている。

P2101670_convert_20130210162033

こちらの親子連れも、お散歩を満喫中。僕ちゃんはやっとスタスタ歩けるようになったみたい。

P2101672_convert_20130210162155

前にこの取水塔近くのベンチで読書でもしようかと思って、本を読み始めたことがあったんだけど、やっぱり本はお家の中で読む方が落ち着くみたい。戸外のベンチでは、ぼーっと考え事をするのに向いてますね。

P2101677_convert_20130210162303

余り楽しくない写真なんだけど、この間、放火され焼けちゃった狭山公園の一画。たっちゃん池が目の前にある山の麓なんだけど、大きく育った立木も黒焦げになってました。なんでするのかなあ…。

P2101683_convert_20130210162433

狭山公園をめいっぱい楽しんでお家に帰る帰路、西武遊園地の前を通ったら、こんな行列ができていた。みんな口々に、「えー、何これっ」って言ってたけど、本当だね。でも、きっと子供たちは、ステキな日曜日を過ごしたはずだよ。よかったねえ、温かい日で。

« 赤プリの解体すすむ | トップページ | 陶芸家・横溝多恵子さんの器でランチ »

都立狭山公園」カテゴリの記事

コメント

近所の写真を沢山アップして頂き嬉しく思います。
しかし放火はほんとうに許せません。

KAZEYAMAです。コメントありがとうございます。
狭山丘陵は、自然がいっぱいで写真マニアには撮りたい素材がゴロゴロしています。それらはまだ原石ですが、磨けばきっと光ってくると思っています。そんな自然が、人為的に傷つけられるのは、本当に残念で悲しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582946/56736135

この記事へのトラックバック一覧です: 暖かな日差しのなか、多摩湖堤防から狭山公園へ:

« 赤プリの解体すすむ | トップページ | 陶芸家・横溝多恵子さんの器でランチ »