無料ブログはココログ

« 飯能ひな飾り展⑥ ランチは伊勢屋で「ひなちらしセット」 | トップページ | 日本橋高島屋の「春を盛るうつわ展」へ »

2013年3月20日 (水)

飯能ひな飾り展⑦ 飯能銀座をぶらぶら

「飯能ひな飾り展」の連載もいよいよ最終回です。confident

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。m(_ _)m

さて、飯能銀座通り商店街にはローカル色満載のお店がまだまだありました。どのお店も趣向を凝らし、ひな飾り展を盛り上げていました。

おひな様を介して盛り上がった数週間。いいですね、町がひとつになる感じが。

伊勢屋でお腹いっぱいになった私たちが次に見つけた珍しいおひな様は、石のおひな様。

P3021969convert_20130318150551

新井石材店」が気合いを入れて制作した石雛でした。

P3021967convert_20130318150428

「石のお雛さまだって~」。子供たちも興味津々で写真におさめていました。

店舗の奥には、大切に守り伝えられてきたご自宅のおひな様が披露されていました。

P3021964convert_20130318150051

▲昭和50年(1975年)のおひな様

見事な段飾りの昭和50年(1975年)のおひな様と、昭和25年(1950年)のおひな様です。

P3021965convert_20130318150257

▲昭和25年(1950年)のおひな様

女の子の誕生を祝って買われ、今日まで大切に守られてきたんですね。

石屋さんの先にある「おさかなの滝長」には、貝の吊し雛が飾られていました。「写真を撮らせてください」とお願いすると、「どうぞ、どうぞ、よかったらこっちのシジミで作ったお雛さまも見ていって!」と声をかけられました。

P3021970_convert_20130318150729

▲おさかなの滝長の貝の吊し飾り

お言葉に甘えて、小さなおひな様をパチリ。

P3021971_convert_20130318150846

▲ちっちゃ~い、シジミのおひな様です

さらに歩くと、女性客で賑わうお店を発見。8人の手芸好きの女性たちが集う「カラーズ」です。キルトの名人や編み物名人、お裁縫の達人などがお店を出し、手作り教室や販売店を展開。手作りに興味のある女性に、ぜひのぞいてもらいたいお店でした。

P3021978_convert_20130318151149

▲「カラーズ」でキルトの名人が吊し雛を作ってました

いつもはキルトを作って販売しているという女性が、ちょうど吊し雛の金魚を制作しているところでした。

「どうぞ、きれいに撮っていって」と快く撮らせていただきました。

P3021976_convert_20130318151025

色鮮やかな古裂(こぎれ)で作られた吊し雛、きれいですね。

こうやって多くの人たちの思いがひとつになって開催された「飯能ひな飾り展」。ニュースで見るまで知らなかったイベントでしたが、一日歩いてみると数多くの発見がありました。

来年もぜひ飯能のおひな様に会いに来たいと思います。

その前にきっと飯能へはまた遊びに来ます。今度は、うなぎの畑屋さんで鰻重が食べたいなあと思ったのでした。

N子さん、また行きましょうね。smile

« 飯能ひな飾り展⑥ ランチは伊勢屋で「ひなちらしセット」 | トップページ | 日本橋高島屋の「春を盛るうつわ展」へ »

飯能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582946/56981998

この記事へのトラックバック一覧です: 飯能ひな飾り展⑦ 飯能銀座をぶらぶら:

« 飯能ひな飾り展⑥ ランチは伊勢屋で「ひなちらしセット」 | トップページ | 日本橋高島屋の「春を盛るうつわ展」へ »