無料ブログはココログ

« 市川市東山魁夷記念館で、名画を鑑賞 | トップページ | 木曜日、多摩湖の桜きれいです。 »

2013年4月 3日 (水)

雨上がりの狭山丘陵 荒幡富士の森を歩く

大雨rain、大風typhoonがふく水曜日の狭山丘陵から。

この日も雨だった日曜日。縮こまった身体をのばそうと、所沢市荒幡富士の麓に広がる山の道を歩いた。

Arahata_fuji1

森の木々は早くも若葉の季節を迎えていた。雨のしずくでいっそうみずみずしく見える。

Arahata_fuji2

耳を澄ますと、鳴き始めたばかりのウグイスの声が、山に響き渡る。そして、すぐ近くで木をたたくコンコンコン…という音。コゲラだ。やっぱり森は気持ちいいなあ。

しんと静まった森の道を、落ち葉を踏みしめながら、犬を連れたおじいさんが歩いてくる。犬も静かに歩いていく。

Arahata_fuji3

道の傍らには、夏に美しい花を咲かせたウバユリの殻がぶっきらぼうに立っている。英語でジャイアント・リリー、和名でウバユリ。

名前の由来はユリが咲き始めると、花の元の葉っぱが枯れて落ちてしまうことから、「姥」の「歯がなくなる」ことにかけて名付けられたそうな。そんな知識を、向こうから歩いて来たボランティアガイドさんに教えてもらった。

Arahata_fuji4

可憐な花をつけていたこの木は、クロモジ。楊枝として使われる木だ。

荒幡富士の麓に広がる森は、まるで宝箱みたいだね。写真には写さなかったけど、このクロモジのすぐ下には、カタクリの花も咲いていた。

Arahata_fuji5

これは、子供の頃よくおままごとで使った花。ウグイスカグラだ。葉っぱにたまった雨粒が今にもこぼれそうで、きれい。

Arahata_fuji6

山の麓の茶畑のそばでは、桜が満開。曇った空に花の色がとけこんでしまって、きれいには写らなかったけれど゜、桜は森の女王。どこから見ても、華やかなその色は目にとまる。

Arahata_fuji7

クマザサに覆われたこの森が好き。今にもふいに、何かが出てきそうで、わくわくするのだ。出てくるのは、コロボックルだけどね。

Arahata_fuji8

「じじばば」めっけ。我が家ではこのシュンランを「じじばば」と言った。花の上の方がほおかぶりをしたばあちゃんで、下の白い花の部分がじいちゃんのヒゲだって言うんだけど、そんな風に見たことはなかった。

昔はこの山にいっぱい生えていた。それがいつしかなくなり、今こうして山が保護されたことで、再び森の林床を飾っている。

Arahata_fuji9

荒幡富士の麓の浅間神社の脇には、ソメイヨシノの古木が今は盛りと咲き誇っていた。あいにくの雨で、満開というのに、その華やかさはない。

Arahata_fuji10

雨で頭をたれた桜。アップにすると、やっぱりきれいだ。

Arahata_fuji11

荒幡富士の山頂からは、春の絶景が眺められる。

麓の桜と西武園ゴルフ場の桜が重なって絵のような風景となる。

Arahata_fuji12

この桜、今年はもう見納めかな。雨続きの狭山丘陵、桜の花がどんどん散っていく。

« 市川市東山魁夷記念館で、名画を鑑賞 | トップページ | 木曜日、多摩湖の桜きれいです。 »

所沢・荒幡富士」カテゴリの記事

コメント

狭山には行ったことは有りませんが、狭山と聴くと”狭山湖・狭山茶”を思い起こさせます。
都心から、それ程遠方trainでも無いのに素晴らしい”自然”cherryblossomclubxmasが残っていて良いですねー!

コメント、ありがとうございます。そうなんです、池袋から40分ほどでこんな大自然の山が広がっています。
それも、けっこう山、山、山なんです。それもこれも、この丘陵地帯に、狭山湖と多摩湖という貯水池があるからなんです。
どうぞ、一度、狭山丘陵の森を歩いてみてください。いいですよ、ほっとして。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582946/57089916

この記事へのトラックバック一覧です: 雨上がりの狭山丘陵 荒幡富士の森を歩く :

« 市川市東山魁夷記念館で、名画を鑑賞 | トップページ | 木曜日、多摩湖の桜きれいです。 »