無料ブログはココログ

« 「神楽坂暮らす。」の器と雑貨が気になるこの頃 | トップページ | 高麗に行ったら、阿里山カフェでランチを楽しもう »

2013年6月26日 (水)

日高市高麗で里山歩きとカフェめぐりを楽しもう

先週、梅雨の晴れ間sunをぬって、日高市高麗でカフェめぐりをしてきました。

高麗といえば、曼珠沙華が咲き誇る「巾着田」が有名ですが、秋だけでなく初夏も、里山歩きが楽しめる最適なお散歩スポットなんです。

なぜって、今話題の人気カフェが3軒もあるんですから。lovely

西武池袋線・飯能駅で秩父線に乗り換え、東飯能を過ぎると車窓風景が一変します。

窓の外は山また山の連なり。えっ、ここはどこだっけ???という秩父らしい風景が展開します。

そして、高麗駅を降りると、赤い柱が2本立っているじゃありませんか。

これは、奈良時代、朝鮮半島から高麗に移住した高句麗の王族、高麗若光の菩提寺を守る将軍標(チャングンビョ)です。

高麗は、渡来人の里として有名なんですね。なんだか遠くまできちゃった感じです。

201306221

駅の近くには、高句麗からの渡来人、高麗若光(こまじゃっこう)の御霊を守る菩提寺、高麗山聖天院もあります。

でも今日はカフェめぐりが目的なので、まずはランチ。高麗で有名な「阿里山カフェ」を目指します。

201306222

駅を出て高架をくぐり、巾着田の看板を目印に住宅街を抜けると、美しい里山の風景が広がっていました。

曼珠沙華を見に来たときも思ったけど、何度見ても、この里山の風景に癒やされます。道のあちこちに、朝採り野菜のスタンドや手作り湯葉の店などもあって、買い物も楽しめる散歩道。

201306223

阿里山カフェに着いたけど、準備中みたいだったので、巾着田を散歩することに。

「巾着田」なんて不思議な名前だけど、高麗川が大きく蛇行してできた地形が、巾着のようだったことから名付けられた地名なのだとか。

澄んだ川のほとりは、人気のバーベキュースポットになってます。

201306224

水も澄んで、高麗川ってきれいだなあ。小さい頃は、家族でよくこの川に泳ぎに来ました。

あの頃は気づかなかったけど、今とは比べようもなくきれいでした。

201306225_2

土手にあがって巾着田を遠望すると、のどかな里山の風景が広がっていました。

201306226

阿里山カフェに戻ったら、特別臨時営業で、お店がオープンしていました。

ラッキー!!! さっそくテラス席へ。

板張りのテラスは、大きな木々が周りを取り囲み、高麗川沿いに張り出すようにつくられています。川風が吹き抜けて、気持ちいい。

今日は、夏野菜のスパゲッティしかないみたいだけど、このカフェの売りは、ローカル野菜などを使ったオーガニックフードが自慢。だからとってもおいしいんです。

ゆったりとランチを堪能し、お茶はすぐ近くにできたばかりのコーヒーロースター、「カフェソルテCafe Sorte」 でいただくことに…。

阿里山カフェから歩いて7~8分。右手に巾着田、左手に日和田山を望みながら、車通りの多い道を歩きます。車道歩きは好きじゃないけど、あたりの風景は狭山丘陵とは全く違う、秩父らしさにあふれています。その土地特有の風情って、やっぱりあるものですね。

そんなことを考えていたら、カフェソルテに到着。

ここは豆の輸入から焙煎まで、たったひとりでこなす近藤佐代子さんが始めた、こだわりのロースターです。

201306227

古い蔵を改装した渋いカフェ。

そこここに置かれたアンティークが、シックな味わいを醸し出しています。オシャレなんだけど、温もりが感じられて、とても居心地がいいの。連れは、「なんだか眠くなっちゃった…」なんて言ってました。

紆余曲折あった店主の、サンフランシスコ時代やバンクーバーでのカフェ修行時代のお話を伺いながら、とびきりおいしいコーヒーをいただきました。

お話もおもしろかった~。

そして私たちは、「カフェ日月堂」へも行ったのです。

半日で3軒ものカフェを歩いた、高麗でのカフェめぐり。思い立って、何気なく歩いた高麗散歩でしたが、充足感で満たされた一日。

カフェって、おいしいものを食べたり、おいしいコーヒーをのんだり、それももちろん楽しいんだけど、知らない人の人生を知る、貴重な場所でもあるんだなあ…、なんて思いました。

皆さんもどうですか、高麗でのカフェ巡り。いい人に巡り会えるかもしれませんよ。

« 「神楽坂暮らす。」の器と雑貨が気になるこの頃 | トップページ | 高麗に行ったら、阿里山カフェでランチを楽しもう »

埼玉・散歩」カテゴリの記事

コメント

最近の巾着田は観光地化が著しいですね。写真をやるようになって、曼珠沙華を撮りに行きますが、一昔前とは様変わりでびっくりしました。そのせいで、しゃれたお店などできるようになったんでしょうね。
土蔵のカフェなんか行ってみたいです。
一時期土蔵の写真をとりあるきましたので、、。

そう、高麗周辺はちょっとした観光地でびっくりです。土蔵のカフェは、なかなかしゃれていて楽しめます。昔のものはかなり頑丈にできているらしく、内観はほとんど手を加えずに済んだそうです。
ぜひ一度お訪ねを!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582946/57668624

この記事へのトラックバック一覧です: 日高市高麗で里山歩きとカフェめぐりを楽しもう:

« 「神楽坂暮らす。」の器と雑貨が気になるこの頃 | トップページ | 高麗に行ったら、阿里山カフェでランチを楽しもう »