無料ブログはココログ

« 東京の人気スポット、神楽坂の赤城神社に神社カフェ出現 | トップページ | 日高市高麗で里山歩きとカフェめぐりを楽しもう »

2013年6月21日 (金)

「神楽坂暮らす。」の器と雑貨が気になるこの頃

神楽坂でずっと気になっていた器と雑貨の店、「神楽坂 暮らす。」。

店主がブログで紹介する器たちが本当に美しくて、近くに行ったらぜひ立ち寄らねばと思っていました。

念願かない、うきうきしながら店内へ。

2013061_2

マンションの中の店舗なのに、古民家のような懐かしさが漂い、 センスのよさを感じさせます。

この日はちょうどビアマグ展を開催中で、個性的なマグたちが中央のテーブルにズラリと並んでいました。

2013062

なかでも気になったのが、新潟出身の陶芸家・諏佐知子(すさともこ)さんがつくったこちらのマグたち。切り絵をベースに型紙をおこし、呉須などで色づけをして部分部分書き落として、変化をつけた絵付け。懐かしく不思議な造形に惹き付けられました。

2013063

窓辺には、これも店主のブログですでに紹介済みのガラス作家・永井煌晟(ながいこうせい)さんのヴェネツィア由来のレースガラスの器が…。ケーンという棒ガラスをくねくねとスイッチバックに巻き付けたもので、色合い、造形ともピカイチの逸品でした。

2013064

店主さんは、独立前は恵比寿三越の和食器バイヤーとして活躍しておられた方。いわばその道のプロがオーブンさせた店だけあって、買い付けも商品の品揃えもすべて店主の目に叶った品々で取り揃えられています。

陶芸家にこんな器をつくってほしいという提案をしたり、窯元と共同でオリジナル食器をつくることも始められたそうです。

そうして並んだ器たち。

それらに共通するのは、日本の工芸品ならではの手仕事の美しさです。民芸を感じさせる陶器やガラス器は、どれも丁寧な手仕事で貫かれています。

上の写真の器は、店主自ら足を運び買い付けた、九州・小石原の器たち。鬼丸豊喜窯の器だそうです。

小石原といえば、飛びかんなと刷毛目が特徴的な民窯ですが、鬼丸豊喜窯の技法の美しさに魅せられたそうです。

2013065

白化粧を掛け、ろくろを回しながらかんなでコンコンとリズミカルに化粧土を削っていくのが、飛びかんなです。やってみると、これが実に難しい。

2013066

こちらは、刷毛目。白化粧を刷毛にとり、ろくろを使ってリズミカルに刷毛目模様を刻んでいきます。

どちらも職人技が活かされた健全な民芸の器です。

気負わずてらわず、黙々と日々の暮らしを紡ぎながら生まれる手仕事の慎ましさ。こういう器を見ると、心底ほっとします。

2013067

あまりにも居心地のいい店内で、ふと視線を感じ、棚の上をみると、この器たちが私を見つめていました。

笠間の鴨工房、鴨暁子さんの白い器です。

京都出身だそうですが、繊細な手仕事に魅了されました。

「神楽坂 暮らす。」は、新潮社を目指し、神楽坂大通りをてくてくと上っていき、新潮社へ向かう信号を左折、新潮社手前にある小路をひょいと左に曲がると現われるマンションの一階にあります。

なお店内の写真は、店主の許可を得て撮ったものです。写真を撮る場合は、必ず店主の許可をとってくださいね。

●神楽坂 暮らす。

【住】新宿区矢来町68 アーバンステージ矢来101

【tel】03-3235-7758

【営】12:00~19:00

【休】火曜

« 東京の人気スポット、神楽坂の赤城神社に神社カフェ出現 | トップページ | 日高市高麗で里山歩きとカフェめぐりを楽しもう »

東京・散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582946/57636021

この記事へのトラックバック一覧です: 「神楽坂暮らす。」の器と雑貨が気になるこの頃:

« 東京の人気スポット、神楽坂の赤城神社に神社カフェ出現 | トップページ | 日高市高麗で里山歩きとカフェめぐりを楽しもう »